膳野菜日記

JA東京みなみと直売所提携!米や特産を東京の方へ!

JA広報担当ウエノです。

今日は丹生膳野菜に集まる食材を東京の方に食べてもらえるという、うれしいお知らせ!! 東京と日野市にあるA東京みなみの直売所と農産物の入出荷提携を結びました!!少し前の10日にはJA東京南の要職の方が2人来店され、丹生膳野菜の米や野菜、加工品などを視察。まず第一弾としまして、越前丹生米の出荷から開始します!!

東京南-1.jpg直場所提携とは、おいしい食材をお互いの直売所が直接出荷しあう仕組みです。直売所というと全国各地にありますが、地域ごとに環境や歴史からそれぞれが持つ強みがあります。丹生膳野菜でいうと米どころ福井なので、米が強みです。また東京など都市型農業の地域では果樹や野菜などがあげられると思います。 逆説だと、福井は果樹や野菜が弱く、東京などでは米が弱いということになると思います。その強みを活かしてお互いの弱みを直売所同士で補うことで、品揃えの充実や直接取引なので、産直の新鮮な食材が入荷してくるというわけです。

東京南-2.jpgJA東京みなみでは小さな販売店舗から始め、大型の直売所の建設を計画中とのこと。その際に、丹生膳野菜で実施している玄米をその場で精米する「今摺り米」を行いたいとのこと。特に「ハナエチゼン」という品種の米の評価が高く、入荷したいとの要望を受けました。ハナエチゼンはコシヒカリに比べ、粘りが程よく、あっさりした味わいの米。東京方面ではあっさり味がこのまれるのでしょうか!笑

また丹生膳野菜にもJA東京みなみからブドウや野菜の入荷に向けて依頼をしました。福井と東京では栽培環境も違うため、同じ野菜でも出荷時期が違うことから産直のおいしい野菜を県内では無い時期に入荷できたらなぁ~!!

いずれにしてもこのような提携を結ぶことで、来店者の方にとってもバラエティーな食材が豊富になるということで、楽しい店づくりになると思います。これからもどんどんこの取り組みを拡大していきたいと思います!!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆丹生膳野菜の旬な一押し食材はJAホームページ「お買い物」をご覧ください。

◆丹生膳野菜に並ぶ地元産の野菜や米などのお取り寄せは「丹生膳野菜オンラインショップ」をご利用ください。

◆丹生膳野菜へ出荷する農家の情報はJAホームページ「出荷者の紹介」をご覧ください。

◆JA越前丹生の特産品の情報はJAホームページ「越前丹生の農業」をご覧ください。

このページのトップへ