膳野菜日記

おいしく新米を食べるチェックポイント!?

JA広報担当ウエノです!!

米収穫シーズンに入って、ブログの更新がすごく空いてしまいました・・・・。ハナエチゼンから始まり、コシヒカリ、イクヒカリ、あきさかりといろんな米を検査する倉庫に張り付いていまして、、、更新ができずごめんなさい><

さてさて、皆さんはもう新米を食べましたか?丹生膳野菜でも新米のほぼ全種類の米がラインナップさせていますよ!お店では玄米でご購入しただき、その場で精米にした「今摺り米」をご提供させていただいています。精米したての新鮮な新米をお楽しみくださいね!!

精米したての「今摺り米」!?実は「精米したて」というのが、おいしい新米を食べるために非常に重要なポイントなんです。

前回のブログ「いつまでが新米?」でもお話ししましたが、田んぼで収穫したお米は玄米にされて、JAなどの低温倉庫で厳重に管理しています。その倉庫から小売店に流通していくんですが、低温+玄米で品質の低下は抑えられています。ではいつ品質が落ちやすいのでしょうか!?

その答えは精米にした時点から品質の低下が進みやすくなっていきます。

よくスーパーなどで精米したお米が販売されていると思います。もちろん真空状態にされて品質保持はされていますが、精米されたお米をお買い求めいただく際には是非「精米年月日」を確認してください。パッケージの表か裏に必ず記載されています。

DSCF4742-1.jpg精米年月日がご購入する日から近ければ近いほど新鮮でおいしいということになります。お米の商品を持ち上げようとするとちょっと重いので、億劫になりますが、非常に重要なポイントなので、是非目を見開いて探してみてくださいね^^

DSCF4748-1.jpgその表示を確認すると、ブレンド米なのか単一の品種なのかもわかるので確認することをおススメします!!丹生膳野菜の店頭でも一部精米したものがありますのでご確認の上お買い求めください。

丹生膳野菜オンラインショップではハナエチゼン・コシヒカリ・あきさかり・イクヒカリ、自信の4品種のお米をラインナップしています。ご注文を受けてからの精米になりますので、精米したての新米をお楽しみくださいませ!!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆丹生膳野菜の旬な一押し食材はJAホームページ「お買い物」をご覧ください。

◆丹生膳野菜に並ぶ地元産の野菜や米などのお取り寄せは「丹生膳野菜オンラインショップ」をご利用ください。

◆丹生膳野菜へ出荷する農家の情報はJAホームページ「出荷者の紹介」をご覧ください。

◆JA越前丹生の特産品の情報はJAホームページ「越前丹生の農業」をご覧ください。



このページのトップへ