膳野菜日記

"七草粥"正月で疲れた胃腸にちょっと一服してもらいましょ!?

店長のウエノです。

皆様、2019年 あけましておめでとうございます!本年も皆様にとって素晴らしい年となりますことお祈り申し上げます!

われら丹生膳野菜も新しい年を迎え、新しい風をどんどん取り入れ、皆様の楽しいお食事のお手伝いをさせていただきたく精いっぱいご提案させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます!

丹生膳野菜は4日(金)より営業を開始しました!

今年最初の週末イベントは「七草粥」です。

お正月はご家族、お友達とで新年に相応しいごちそうを食べて満腹満足だったのではないでしょうか?ついつい食べ過ぎ飲みすぎなんてことで、胃がムカムカなんてことないですか?
書いている私自身がちょっとそんな体調、、、、笑


七草粥の食べるのは1月7日の朝に食べるのが一般的とされていますね!一年間の無病息災を願って古くから伝わる行事ですが、それには七草がもつ食材のパワーに訳があるんですよね==

    • (せり)=解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、食欲増進、
            血圧降下作用など

    • (なずな)=利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、胃腸障害やむくみ

    • 御形(ごぎょう)=痰や咳、のどの痛みも和らげる

    • 繁縷(はこべら)=昔から腹痛薬として用いられ、胃炎に良いとされる

    • 仏の座(ほとけのざ)=胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。

    • (すずな)=蕪(かぶ)のことです。胃腸を整え、消化を促進します。

  • 蘿蔔(すずしろ)=大根のことです。風邪予防や美肌効果に優れています。

    七草では""胃腸を整える""効果が多く入っているのがわかりますね!?この週末胃腸を休めて、元気に一年を活動するためにも意味がありそうです!!

    丹生膳野菜ではその七草をセットにして販売しますよ!!美味しいレシピ付き!
    さらにさらに6日(日)は七草粥を振る舞い、一緒に今年の元気を願っちゃいましょ!

このページのトップへ