管内レポート

                                         

特産越前水仙発送式!全国へPR

 こんにちは。広報担当の佐々木です。今日は越前水仙発送式のお話を紹介します。

 JAの特産「越前水仙」の発送式が12月9日、越前岬水仙ランドで行われました。越前水仙を県内外にPRしようと毎年行っています。友好都市や大手旅行会社、マスコミ関係など132ヵ所に約3,800本を発送しました。式には樋村昌宏組合長をはじめ越前町の内藤俊三町長、町水仙部会の宮本修部会長、関係者約25人が参加しました。

 越前水仙の特徴は、日本海の荒波にもまれ寒い場所で育つことで葉が堅く甘い香りが強く、近年は生花として人気があります。直売所・丹生膳野菜やネットショップ「越前わかさ味浪漫」で購入できます。
朝晩の寒さで昨年より開花が遅く見頃は12月下旬から1月初旬になる見込み。出荷は1月末までの見込みで生産者約80人で100万本を目指します。
 樋村組合長は「県花であり特産の越前水仙を県、町、部会などと協力してこれからも全国へPRしていきたい」と話しました。

susenn hakozume.jpg越前水仙を箱詰めする樋村組合長(左)

susennwohakobu.JPG郵便局の車に越前水仙を運ぶ関係者

 

このページのトップへ