管内レポート

                                         

真空予冷施設竣工式!県内初の施設 市場のニーズに対応し有利販売で農家所得向上図る

 こんにちは。広報担当の佐々木です。今日は真空予冷施設竣工式のお話を紹介します。

 JA越前丹生は8月5日、福井市杉谷町で真空予冷施設の竣工式を行いました。櫻本宏福井県副知事や内藤俊三越前町長をはじめ約50人が参加しました。JAでは水田園芸品目の推進と若手農業者の発掘に力を注ぐ中、業務委員会で検討され2018年11月建設に踏み切りました。本店分室横に建設され鉄骨造平屋建、延床面積267.05㎡。県内初の施設で真空冷却装置1基とプレハブ冷蔵庫2室を装備します。真空冷却機は短時間で芯まで均一に冷却して青果物の色合い、美味しさを保ちます。鮮度の保持を実現し、市場のニーズに機敏に対応。有利販売につなげ農家所得向上を図ります。
  樋村昌宏組合長は「2019年4月には10JAが1つになりJA福井県が発足する。10JAが力を合わせより一層の農業所得向上とサービス向上に向け邁進したい」と話しました。

aisatusuru himurakumiaityou.jpg竣工式で挨拶する樋村組合長

tepukatto.jpgテープカットする来賓

kannseisita sinnkuuyoreisisetu.jpg本店分室横に完成した真空予冷施設

このページのトップへ