管内レポート

                                         

予冷施設建設工事起工式,特産品「越前レタス」「ニュースイート」など安定出荷目指す!

こんにちは。広報担当の佐々木です。今日は予冷施設建設工事の起工式を行ったお話しをご紹介致します。


 JA越前丹生は11月6日、役職員、工事関係者ら約50人が参加して予冷施設建設工事の起工式を行いました。神事では白山神社、宮田京宮司のもと安全祈願が行われました。

  JAでは2014年から水田園芸作物に力を入れ取り組んでいます。主力品目にはレタス、トウモロコシ、アスパラガス、キャベツなどがあり、レタスは「越前レタス」トウモロコシは「ニュースイート」として特産品となっています。近年、若手農業者の増加と面積拡大で生産量増加に伴い品質保持や安定した出荷が出来なくなっています。真空予冷装置などを装備して鮮度、出荷調整を図ることで市場のニーズに対応して販売単価の向上と農家所得の向上を目指します。

 式典で樋村昌宏組合長は「予冷施設建設で農産物の品質保持、安定出荷が見込める。農家所得向上のため1円でも高く販売していきたい」と挨拶しました。 施設は本店分室横(福井市杉谷町)に建設され延べ面積291.2㎡で来年3月上旬に完成予定となっています。

式典で挨拶する樋村組合長

aisatu suru kumiaityou.jpg地鎮の儀 樋村組合長

titinnnogi.jpg御神酒拝戴 役員

sake.jpg

このページのトップへ