管内レポート

                                         

JA越前丹生のカントリー・ライスセンター施設で残留農薬検査を実施

 JA越前丹生のカントリー(CE)、ライスセンター(RC)で今年も残留農薬検査を実施致しました。登録衛生検査機関㈱アルプに依頼して清水CE・東部RC・糸生RC・織田RC・宮崎RCの5箇所で行いました。お米の品種はコシヒカリ・ハナエチゼン・あきさかり・つくばSD1号の4種類で検査の結果すべて残留農薬は不検出でした。詳しいデーター結果はホームページ内「越前丹生の農業の安心への取り組み」に掲載してありますのでご確認下さい。

このページのトップへ