管内レポート

                                         

「福井しあわせ元気国体」成年男子ホッケー福井県チームが優勝!応援団一致団結

こんにちは。広報担当の佐々木です。

今日は、「福井しあわせ元気国体」成年男子ホッケー福井県チームが優勝した話をご紹介致します。

 福井県で行われた「福井しあわせ元気国体」成年男子ホッケー競技が10月4日から7日まで越前町営朝日総合運動場で行われました。福井県チームは順当に勝ち進み決勝戦で愛知県代表を1-0で破り見事優勝を果たしました。JA越前丹生からは信用共済部・佐藤弘樹職員が出場。佐藤選手のポジションは守りの要のDF(ディフェンス)。体を張って相手チームの攻撃を防ぐためケガが絶えません。今年8月の練習中に全治2ヶ月のケガを負い練習がほとんど出来ない状態で本大会に臨みました。ケガの痛みに耐え普段はおとなしい性格ですが闘志むき出しでボールに食らいつきました。取られた点は3試合で1点のみ。堅い守りをみせました。

 JAでは今年7月に樋村昌宏組合長を筆頭に40人の応援団を結成。福井チームのユニホームをモチーフに応援団Tシャツを製作しました。大会期間中Tシャツを着用した応援団は一致団結して福井チームを応援しました。

 優勝を果たした佐藤選手は「優勝出来て本当によかった。JA応援団の温かい声援で怪我の痛みに耐えることができ優勝することが出来たと思う。本当にありがたかった」と話しました。

ronngupasswo.jpgロングパスを送る佐藤選手

sain zeme niau satou.jpg試合終了後サイン攻めにあう佐藤職員

siaimae moriagaru.jpg試合前盛り上がる応援団

sihaiwokannsennsuru40.jpg一致団結して声援を送るJA応援団40名

このページのトップへ