管内レポート

                                         

米消費拡大に向け「ふくい朝ごはんキャンペーン」で職員が撮影会!ホームページ「SOUP FUKUI」で放映

こんにちは。広報担当の佐々木です。

今回は、福井県JAグループが力を入れる米消費拡大に向けた取り組みをご紹介致します。

 JA越前丹生は9月27日、米消費拡大の一環として規則正しい食習慣の定着化を図るため福井県JAグループが取り組む「朝ごはんキャンペーン」の撮影会を行いました。福井県12JAのうち越前丹生が最後の撮影でトリを飾ります。撮影された映像はホームページ「SOUP FUKUI」(スープふくい)で放映されます。この日、緊張した面持ちで撮影に臨んだのは各支店の職員4人で男女2人ずつ。JAならではの撮影場所を選び米倉庫やライスセンター、直売所・丹生膳野菜で行いました。一人ずつカメラに向い「朝ごはん食べた!」「朝ごはん出来たよ!」など10種類の言葉で呼びかけ約3時間かけ撮影は終了しました。10月上旬に掲載される予定です。撮影を終えた織田支店・小林宏至職員は「日本の米の消費は年々減少している。特に朝ごはんを食べない人が増えている。この映像を見て一人でも多くの人が朝ごはんを食べるようになってもらえれば」と話しました。

koba.jpg緊張した面持ちで米倉庫で撮影に臨む小林職員

toda.jpg直売所・丹生膳野菜で撮影した戸田職員

yamasita.jpg撮影に慣れて笑顔見せる女性職員とスタッフ

yamauti.jpgライスセンター前で撮影する女性職員

このページのトップへ