管内レポート

                                         

新しいことをはじめよう!男の料理教室開催!

 こんにちは!広報担当者の佐々木です。

 今日は女性部主催の初の試み「男の料理教室」について紹介させていただきます。


パエリアを熱心に調理する参加者

otokonoryouri.JPG 

 JA越前丹生女性部は「新しいことを始めよう!」をスローガンに7月22日越前町生涯学習センター(旧朝日町)で夏野菜を使った「男の料理教室を開催しました。開会にあたり齊藤いずみ部長、樋村昌宏組合長があいさつ。女性部活動で男性だけの企画は初の試みで「料理」は考えながら手を使う高度な脳作業なため認知症予防にもなると注目されています。この日用意した夏野菜は直売所・丹生膳野菜から仕入れたほか、女性部員がプランターで作った野菜を使用。料理に興味がある男性15名が参加しました。講師に「あさひ愛農園」寺坂律子さんを招き「夏野菜パエリア」「揚げないトマトカツ」「鮭の南蛮漬け」など調理法を学びました。普段、料理をしない参加者は不慣れた手つきで約2時間30分かけ合計5品を仕上げた。参加者は「少しでも奥さんの役に立ちたいと参加した。料理は難しいものだと思っていたがフライパンひとつでパエリア出来ることを学んだ。今日学んだ料理を奥さんに食べてもらいたい」と話しました。営農販売部・野村博子係長は「新しいことをはじめよう!をスローガンに掲げたのは男性にはもちろん、女性部活動に対しても呼びかけをしたかったから。県内の部員は年々減少傾向にある。当部員は毎年、募集の呼びかけや、新しい企画を考え増えている。今後、部員を増やすため、あらゆる方向から新しい企画を考えていきたい」と話しました。

natuyasai.JPG丹生膳野菜から仕入れた夏野菜とプランターで作った夏野菜


sisyoku2.JPG男の料理完成「いただきまーす!」

このページのトップへ