管内レポート

                                         

福井しあわせ元気国体!いざ出陣

kokutai.jpg福井しあわせ元気国体に向け練習してきた職員


佐藤弘樹(左) 竹内伸治(中) 小林宏至(右)

伊藤聖美(前)


 
 みなさんこんにちは!広報担当者の佐々木です。

 

 今日は10月4日から開催される「福井しあわせ元気国体」のホッケー競技に向け練習に励んでいた4名の職員とJAの取り組みを紹介させていただきます。4名は竹内伸治、伊藤聖美(朝日支店)、小林宏至(織田支店)、佐藤弘樹(信用共済部)の職員。このうち8月末の福井チーム国体メンバー選手発表で佐藤弘樹職員が選ばれました。
 

 JAの取り組みとして、組合を上げて応援しようと樋村昌宏組合長を筆頭に総勢40名の応援団を結成しました。結成にあたり福井県チームのユニホームをモチーフに黄と黒で統一した応援団Tシャツを製作しました。樋村組合長は「今までの経験を生かし自分に対し悔い残らないプレーをしてほしい。福井県の代表としてがんばってほしい」とエールを送くりました。大会期間中、福井国体おもてなしの店(HPあり)に選ばれた「定食バイキング・れすとらん旬菜」では月・火・木曜日(定休日・水曜日)に表示価格より100円引きのサービスや女性部による特産品・水煮たけのこを使用した「たけのこご飯」振舞い(福井市きららパーク・旧清水町)を予定しています。国体選手に選ばれた佐藤弘樹職員は「組合をあげての応援は非常に心強くありがたい。自分にできる精一杯のプレーをしてチームに貢献できるよう頑張りたい」と抱負を述べました。


kokutaiTsyatu.jpg製作したJA越前丹生応援団Tシャツ

このページのトップへ