管内レポート

                                         

水田園芸品目の播種スタート!!

みなさんこんにちは!広報担当の宮崎です(*^_^*)
今年の大雪で毎日除雪の日々が続きますね~
今日から、JA推進の水田園芸品目のアスパラガスとレタスの播種が始まりましたので、皆さんに情報をお伝えしていきます(*^^)v

まず、先日資材を消毒して床土を詰めたセルトレイに種を落とす為に専用の鎮圧板と鎮圧ローラーという道具を使って植穴を作ります。

tinnatu.jpg

















上の写真のような専用の鎮圧板を使えば一度にたくさんの植穴を作る事ができます。

次に、実際に種を落としていきます。一粒一粒種をまいていると日が暮れてしまう為、専用の播種板を使って一発で播種します♪

asuparahasyu.jpg

















真剣な眼差しで播種をしていますね~。
種が落ちていないと芽が出ない!当たり前の事ですが、200個の穴に一発で種を落とすのでよく見ていないと種が入っていない所が出てきます。
播種作業で一番神経を使うところですね(^_^;)

播種が終わったら、覆土をかけます。この時一番注意をする事は、セルトレイの上に盛り上がった土を、しっかりとすり切る事。
盛り上がった余分な土を残しておくと、根移りしてしまう事があるので絶対気を付けましょう!

surikirisagyou.jpg


















セルトレイの黒いしきりがしっかり見えるよう余分な土をとるのがポイントです。
覆土までしたら、最後に潅水作業です。雪の降る中、寒さと格闘しながらたっぷりと潅水します。
この潅水作業を怠ると発芽ムラになったりしますので、均一にしっかり潅水しましょう!

kannsui.jpg













潅水が終わればゴールは目前!
十分に温めた温床ベッドに並べて、じっくり時間をかけて発芽を待ちます。
春に栽培する野菜は、温かい環境を作ってあげないと苗作りができません。
最近では、一般農家向けの温床マットなどが販売されていますので、みなさんも苗作りにチャレンジしてみて下さい。

このページのトップへ