管内レポート

                                         

ニューピーマン定植時の注意点を確認

ニューピーマン定植講習ブログ.jpg ニューピーマン生産振興会は28日部会員の河合清さんの圃場で定植講習会を開きました。会員ら14名が参加し、5月上旬の定植に向けて定植時のポイントと注意点などを確認しました。
 河合さんは定植後に誘引しやすいように主枝の方向を確認して植えることや雨が少ないため土壌が乾燥傾向のため定植後には十分に水をやるようアドバイスしました。今年から加わった4名の会員を中心に定植を事前練習を行いました。
 上野清和部会長は「新しい人も含め品質の良いピーマン作りの準備をしていきたい」と話しています。
 ニューピーマンの品種は「グリーン300」でボリューム感があり、苦味が少なく瑞々しいのが特徴。市場とJA直売所のほか学校給食の食材に使用されています。

このページのトップへ