管内レポート

                                         

ニューピーマン先輩が熱血指導!

 1-DSCF2356.jpg丹生ピーマン生産振興会は6日、JA宮崎支店で栽培講習会を開きました。今年から新たに4人が部会に加わることから企画。昨年を振り返り栽培の注意点を確認した後、ベテラン農家の栽培取組を解説してもらい5月からの栽培に理解を深めました。
 講習会には部会員11名が参加。県普及員からは昨年見られた症状への対策と定植準備として「土壌が乾いてから丁寧に一気に耕し、マルチで地温を上げておくこと」と説明。日光が当たるようにこまめな整枝と予防剤での防除を呼び掛けました。
 長年ニューピーマンを栽培してきた河合清さんからはピーマンの木を持参して解説。「畝は1㍍20㌢ほど広くとって整枝・誘引など管理しやすくしている」と話しました。
 ニューピーマンの品種は「グリーン300」でボリューム感があり、苦味が少なく瑞々しいのが特徴。市場とJA直売所のほか学校給食に使用されています。

このページのトップへ