管内レポート

                                                     

福井しあわせ元気国体でJA女性部がタケノコご飯を振る舞う

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

こんにちは。広報担当の佐々木です。

 今日は、福井しあわせ元気国体でのJA女性部の活動をご紹介致します。

 

 JA越前丹生女性部は102日、特産品タケノコ水煮を使用したタケノコご飯の振る舞いを福井国体少年男子ソフトボール会場の福井市きららパークで行いました。お米の消費拡大、特産品タケノコ水煮のPRが目的です。

 この日JA女性部・齊藤いずみ部長をはじめ12人で7時から準備に取り掛かり11時に15升のコシヒカリを使用して300食のタケノコご飯を用意。約2時間かけ選手や来場者に配布しました。タケノコご飯を食べた県外の選手は「福井の美味しいお米とコリコリしたタケノコがマッチしてとても美味しかった。パワーをもらったので次の試合は絶対勝ちたい」と話しました。                                                                                       

 

takenokogohann.jpg笑顔でタケノコご飯を振舞う女性部職員と笑顔で受け取る選手

hukui to hirosima.jpg

熱戦を繰り広げた福井県チームと広島県チーム

oozeinokannkyaku.JPG

福井県チームを盛り上げる大勢の応援団

このページのトップへ