管内レポート

                                         

みそ作りのポイントを学ぶ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

みそ作り-1.jpg JA越前丹生女性部は22日、JA本店分室でみそ作り講習会を開きました。JA管内で収穫された大豆を使ってみそ作りの工程と貯蔵期間中にカビを発生を抑えるコツを学びました。
 講習会には清水地区の女性部会員10名が参加。手作りみそ工房あさひ愛農園から講師に招き、地元産の大豆「里のほほえみ」と減農薬コシヒカリと麹を使って工程ひとつひとつの解説を聞きながら作業を進めました。貯蔵期間にカビが発生しないように講師は「清潔にして空気に触れないようすることが重要」と説明。貯蔵用の容器に空気を抜くようにこぶしでつぶしながら平らにし、スプーンで隙間のないように詰めました。ホワイトリカーで容器全体を消毒しラップをかけ、中央から隅にむけて空気をしっかり抜きフタをしました。
 作ったみそは涼し場所で保管し9月上旬から食べごろを迎え、時間が経つごとに深いコクとうま味が増していきます。

このページのトップへ