管内レポート

                                                           

おむすびを通じておいしさ再発見

おにぎり食農教育-1.jpg

 清水支店ではJA女性部と協力して支店管内の親子に米食に親しんでもらおうと20日、おむすび作りを支店で行いました。新品種「いちほまれ」を使用して、参加した親子は食べやすいサイズのおむすびを作り、海苔などでデコレーションして作る楽しみとおいしさを再発見しました。
 米の消費量が減少している現状から、農村部の幼児から米食中心の食生活に親しんでもらおうと、「みんなでやろう!ニコニコおむすび大作戦」と企画。女性部が行う食農教育活動「朝ごはん応援キャンペーン」としても開催しました。
 イベントには親子11組が参加。炊き立てのご飯をラップや幼児には振っておむすびが作れる道具を使って思い思いのおむすびを2個作りました。 

このページのトップへ