管内レポート

                                         

児童が古代米田植え

糸生小-1.jpg

 5月20日、糸生小学校の5・6年生の児童が朝日地区小倉の体験農場で古代米の田植え体験を行いました。昔ながらの手作業での田植えで児童は裸足になって一株一株丁寧に植えていきました。
 体験は毎年行っていて、小倉福寿会が指導協力。昔使われていた枠転がしで植える位置に跡をつけて児童が一列に並んで一斉に田植えを開始。児童は恐る恐るに田んぼに足を入れ、ひんやり冷たい感覚に歓声を上げていました。
 この古代米は9月下旬に収穫を予定し、学校行事や給食に使用されます。

このページのトップへ