管内レポート

                                         

春作越前レタスおまたせ!5万玉出荷見込む

 

こんにちは。広報担当の佐々木です。今日は「越前レタス」の販売開始された話しを紹介します。

 当JAが栽培を推奨している「越前レタス」の販売が5月13日から始まりました。昨年に比べ4月の平均気温が低かったため、出荷が遅れましたが品質は良好です。

 2015年に試験的に栽培を開して翌年から本格化し今年で5年目。生産者も2人増え11人。栽培面積も昨年より0.5㌶増え約2㌶で出荷数は昨年より5千玉多い5万玉を見込んでいます。

 5月13日の午後から、福井市甑谷町の河村雅人さんの圃場で目ぞろい会が行われました。生産者やスーパーのバイヤーら約20人が参加。当JAの営農販売部・青山営農指導員から出荷規格や病虫害対策などについて説明を行いました

 越前レタスは、早朝に収穫したものがその日のうちに各店頭に並ぶことで新鮮でシャキシャキの食感がたまりません。県外産地との差別化を図り新鮮さが消費者から好評です。JA直売所・丹生膳野菜や県内のユニー、平和堂のなどで販売されています。

青々とした新鮮な越前レタスを収穫する河村さん

etizenretasu.jpg

 

このページのトップへ