管内レポート

                                         

献上越前水仙  厳選300本を発送

 

 こんにちは。広報担当の佐々木です。今日は献上越前水仙発送式が行われたお話しを紹介します。

 常陸宮家に献上する『越前水仙』の発送式が12月25日、福井市越廼公民館で行われました。越前水仙の献上は1990年、来福した常陸宮ご夫妻がスイセンをお好きだったことがきっかけで同市と越前町、南越前町の3市町が交代で毎年実施しており、今年で29回目。

 発送式には樋村昌宏組合長をはじめ、東村新一福井市長、関係者ら約20人が出席しました。越廼地区の生産農家が丹精込め育てた丈40~50センチ,4枚葉の最上位規格スイセン500本の中から傷の葉傷の有無や蕾、太さを入念にチェックして300本を厳選しました。厳選された越前水仙は箱詰めされ26日に届けられました。  

suisenn hassousiki.jpg献上越前水仙を厳選する樋村組合長(右)

このページのトップへ