管内レポート

                                         

JA越前丹生女性部「プランターで野菜づくり体験」・「米粉を使用したピザ作り体験」

 こんにちは。広報担当の佐々木です。今日は女性部がプランターで野菜づくりをしたお話を紹介します。

 

 JA越前丹生女性部は、518日朝日支店横の倉庫で会員に対して「プランターで野菜づくり体験」を行いました。参加者は41人でうち子どもが19人。若い世代の会員募集と子どもへの食育が目的で2011年から毎年行われています。齊藤いずみ部長のあいさつ後、営農販売部の廣部義博課長が支柱立てや植付けを指導しました。植付けした苗は、トマト、なす、ピーマンで約2ヶ月後に収穫できる予定です。また、朝日支店職員は1支店1協同活動として植えた苗を朝日地区の4つの保育園へ贈呈しました。収穫するまで園児が水やりなど世話をします。

hirobe setumei.jpg廣部指導員の説明に耳を傾ける女性部会員

purannta.jpgプランターに土を入れる親子

purannta2.jpgプランターに野菜苗を植え出来上がり!

purannta3.jpg参加者全員がプランターに植えた野菜苗

 

 第2部として「米粉と野菜を使用したピザづくり体験」を行いました。米の消費拡大と野菜が苦手な子どもに食べてもらうのが目的であさひ愛農園の寺坂康夫さんを講師に迎えました。米粉を使用した生地を参加者は丸く伸ばし切ったトマト、なす、ピーマンをのせました。移動式かまどで約5分焼きこんがり仕上がりました。初めて参加した会員は「小さな畑(プランター)で子どもと一緒に農業体験できて楽しかった。収穫した野菜でピザを子どもと一緒に作ってみたい。」と話しました。

piza marukunobasu.jpg丸くピザ生地を伸ばす参加者

idousikikamado.jpg移動式かまどでピザを焼く寺坂さん

pizaoisisounitaberuoyako.jpgピザのあまりの美味しさに笑顔がこぼれる親子

このページのトップへ