越前丹生の農業

越前丹生の野菜・果物

JA管内で生産されている「宮崎たけのこ」は福井県を代表する農産物で、管理された竹林から早朝に掘られるタケノコは非常に柔らかくてアクが少ない特徴を持っています。赤子と呼ばれるタケノコは県内外から高い評価を頂いています。 その他にも「織田きゅうり」、「ニューピーマン」「宮崎すいか」など生産しています。中山間地域の野菜作りに適した環境で生産される管内の野菜や果物は福井県内のブランドとなっています。

宮崎たけのこ

宮崎たけのこ

非常に柔らかくてアクが少ない赤子と呼ばれる「宮崎たけのこ」。春の風物詩として親しまれています。

詳細ページはコチラ

織田きゅうり

織田きゅうり

皮が薄く、瑞々しいシャキシャキとした食感が特徴の「織田きゅうり」。夏野菜として親しまれています。

詳細ページはコチラ

ニューピーマン

ニューピーマン

肉厚の良さと色つやの良いニューピーマン。最大の特徴は大きさで、通常のピーマンの1.5倍。苦味も少ない瑞々しいピーマンです。

詳細ページはコチラ

宮崎すいか

宮崎すいか

果肉が固めでシャリシャリしており、糖度も平均で13%を超える甘さを持った「宮崎すいか」。生産量に限りがあるため、希少価値の高いスイカです。

詳細ページはコチラ

塩柿三郎座

塩柿三郎座

管内の固有品種の渋柿「三郎座」。渋柿を塩水でつけて渋みを抜いた塩合わせ柿です。ほんのりとした甘みとシャキシャキとした食感が特徴です。

詳細ページはコチラ

このページのトップへ